PHOTO GARRELLY

新時代の創出を先導するヴィジョン、夢ある挑戦、次代を拓くイノベーション...

WHAT'S NEW

  • 「プレジデント・オンライン」に2020年8月に開催された「異業種・独自企業研究会」の記事が掲載されました 
     掲載日:2021年07月2日 是非ご覧いただけると幸いです ☞☞こちらから

  • 語り継ぐ夢と挑戦 入交昭一郎 オンラインでも視聴可のDVDを発刊!
    かつて、日本の戦後復興期、命を燃やして日本を世界に輝かせ方々の夢と挑戦がありました。
    その一人、入交昭一郎氏に、6回に亘り、その夢と挑戦の道程をご本人の思いとご体験を通して、赤裸々にご披瀝いただいたVIDEO録画「語り継ぐ夢と挑戦」を、DVD(オンラインでも視聴可、別冊で多くの写真 図版添付)として、昨年2023年12月、新経営研究会 発足41周年記念事業として発刊しました。
    ここには汲めども尽きない、日本の今日への貴重な示唆と教訓が溢れています。
    <頒価:55.000円(税込)/6 回分のVIDEO音声・動画、添付資料(約165頁)>

    予告

    イノベーションフォーラム21

    2024-02-28

    《講 師》(株)竹中工務店 参与 木造・木質建築統括 松崎裕之氏
     《テーマ》棟梁精神を受け継ぐ『竹中工務店が挑む高層木造建築』
    ------------------------------------------------------------------------------------------

    異業種・独自企業研究会

    再開プログラム

    2024-03-07

     ファナック(株)本社工場訪問
     「スマートファクトリーの実現を目指して」
     《ご講演》ファナック(株)代表取締役社長 山口賢治 氏

     

    《ご挨拶》 感動的出会いを開く‼︎  新経営研究会のVision


    代表 松尾 隆

     新年、明けましてお目出とうございます。


     去る1982年、急変する企業環境の下、わが国独自の技術・製品開発とわが国ならではの企業価値の創出を求め合っていこうと、産業と分野、アカデミアの枠を取り払い、同志(別紙)が相語らって発足いたしました弊会は、お陰様で今年、発足42周年を迎えさせていただきます。

     思えば、長かったようでもあり、瞬く間のことであったようにも思います。

     この間、皆様からいただいて参りました言葉に尽くせぬご支援に、関係者一同、改めて衷心より厚く御礼申し上げるばかりです。


     しかし今年元日は、石川県能登半島 深さ約16kmを震源とする 最大震度7.6、揺れの強さの目安となる「最大加速度」が2011年の東日本大震災に匹敵する2828ガル、1.2mを超える大津波を伴った大地震が発生し、石川県 輪島市、珠洲市、七尾市他で家屋倒壊、大火災、道路崩壊、土砂崩れなど大災害をもたらし、新潟県、福井県にも大きな災害を及ぼして、本来なら穏やかな正月休みを迎える筈であった日々を一瞬にして一変させてしまいました。

     加えてこの正月2日の日航機と海保機の衝突炎上...。


     そして、厳寒の北陸に加わった雨と降雪...

     被災者、被災地の方々には只々心からお見舞いを申し上げるばかりです。


     併せて、今日のロシア・ウクライナ紛争、イスラエル・パレスティナ紛争、北朝鮮の動向には、人間が持つ悲しい性(サガ)とはいえ、大きな胸の痛み、持って行き場のない怒りを覚えるばかりです。


     さて、この度私たちが発足42年目を迎えるに当り、今改めて再認識すべきは、「技術は一見、グローバルに普遍的に見える。しかし、その実態は、技術とはその技術を生み出した人々の “ものの見方と価値観、美意識” に深く根ざす、文化的所産なのだ」、という事実です。


     私たちは異なる文化、又その所産に畏敬の念を以て接し、学ぶと同時に、日本の文化的所産である “日本の価値観と美意識”、“ものの見方” を核とする、日本ならではのオリジナルな技術・製品開発と “ものづくり”、“システム”、“独自の企業価値” の創出を今後とも求めて参りたい。それは、“デジタル化”、“AI化”の世界に於ても同じです。


     それは、この30年続く日本の経済停滞からの脱却を図る道を見出していくためにも、また日本の真の国際競争力、ひいては「日本の真の世界貢献」の道を見出していくことにもつながる、と固く信じるからにほかなりません。


     この “日本再興” の道を求め合う “機会” と “場” を、私たちは “画期的イノベーションへの挑戦に立ち向い、その中心となったご本人と現場” との出会いを実現して、“そこにあった夢と苦闘の道のりに触れさせていただき”、 “感動” と “改めて深く考える” “機会” と “場” の創出を通して実現して参りたい、そう強く願って現在活動しています。


     今後とも、皆様の変わらぬご支援とご高誼を願ってやみません。(新経営研究会 代表 松尾 隆)